[5/11,18] 自分ドキュメンタリー短編映画ワークショップ


満席となりました!(申込についてはお問い合わせください。info@karufu.net)

selfdocumentary_banner

自分に関係すること・興味あることをテーマに、
ドキュメンタリー短編映画をつくってみるワークショップです。

point4_72 日時:全2回

5月11日(日)09:30〜16:00
5月18日(日)09:30〜16:00

point4_72 参加料金:

7,800円(ノートPCをカルフで用意)
5,800円(ノートPCをご自分で用意)

point4_72 場所:東京(代々木)

興味ある人が多い、ドキュメンタリー映画。
この制作体験ワークショップを、2回に分けて開催します。

 

短いドキュメンタリーを作ってみんなで見せあおう

というワークショップです。

一般的な映画は、ストーリーを見せます。
でもドキュメンタリーでは、テーマ・メッセージを伝えます。
今回は、「自分」をテーマに開催します。

○自分の過去の半生
○自分が大好きなこと、旅行のこと
○興味を持った人のこと
○生まれた街のこと
○おじさんのこと
○大好きな作家の生涯
○子どもの頃遊んでいたおもちゃの想い出

など・・・

自分を中心に、いろんなドキュメンタリーが作れます。

○自分のこれまでを振り返りたい50代60代の方
○夢を実現するフェイクドキュメンタリーを作りたい学生
○撮りためて来た家族の写真をムービーにしたい主婦の方

幅広い方に合うワークショップです。

 

既にある写真とか映像とかを組み合わせて、3分程度の映像を作ります。
テーマが自分自身なので、
正解かどうかも気にする必要はありません。

 

「映像で伝えるのってほんとに難しい!!」

伝えたいものが明確なドキュメンタリーならなおさらです。
だからこそ、テスト的に作ったり、気軽に感想を言い合える場は貴重です。

ドキュメンタリーと聞くと、難しくかまえてしまいますが、
まずは作ってみましょう、という気軽な場にしたいと思ってます。

  • つくること
  • 見てもらうこと

この2つが体験できます。

 

「伝えたい」と考えて作ったものが、
どのように観られるのか、感じられるのかを体験する

 

ナレーションをつけてもいいし、形式は自由です。
基本的に、ワークショップ中に撮影はしません。

  • これまで撮って来た写真
  • 撮ったままの映像
  • インタビューした動画
  • ナレーション

手に入る素材を使って、ドキュメンタリーを作っていく行程が体験できます。

 

ドキュメンタリーでは、
撮影のうまさより、編集の仕方、展開・構成に重きを置いています
「何を使うか」
「何を捨てるか」

そして、

「どう組み合わせるか」
「どう始めるか・終わるか」

ドキュメンタリーはこの思考訓練が必要となります。

 

作ってみる。そして、反応を感じてみる


題材をどう見せるかなというアプローチ方法を考えること。
それがどう伝わるのかを知る。
そんなワークショップです。

ドキュメンタリーを作りたい人は、
自分なりのスタイルを確立する必要があるでしょう。


その実験の場にもしてみてください。

 

■ご注意

撮影技術の習得の場ではありません。
むしろ、編集の方に重きを置いています。

みんなで作るのではなく、一人一人が独立した作品を作ります。

■必要なもの

・ノートPC
・マウス
・外付けハードディスク or USBメモリ

・使いたい過去の写真(データもしくは写真現物)
・使いたい音楽
・使いたい映像

 

【東京】
2014年5月11日(日)9:30 ~ 16:00
2014年5月18日(日)9:30 ~ 16:00

※それぞれ入室開始9:20
※途中お昼休憩含む

 

【1日目】テーマを考える・作り始める

素材を持って来て並べて編集してみる。
自分なりのテーマを考える。

かんたんな撮影講座も開催します。

※つくっていくうちに、足らない素材が出てくると思います。
それを撮影してくる時間も加えて一週間後としました。

 

【2日目】完成させる・感想を言い合う

編集を続け、音楽をつけて完成させる。
参加者で見せ合う。

 

“映画コミュニケーター” オリカワシュウイチ

1995年に20歳でおじいちゃんよりビデオカメラをもらい、知識ゼロ・仲間ゼロ・カメラ1台から映画制作を始める。

インターネットもない時代で、デジタルビデオカメラが広まる前。上京したばかりで仲間もいない。

映画の作り方についての書籍もなく、学ぶ手段も限られている。

そんな状況で、仲間集めにも苦労しながら、少しずつ機材を買いそろえ、作品を作り続ける。

2001年に「映画工房カルフのように」を立ち上げ、

以来、映画制作の体験談・失敗談をサイトで公開し始め、今に至る。

もっと詳細プロフィールを見る

 

香月

kazuki1984年 北海道出身。
小さい頃から、表現することが好き。十勝の自然に囲まれて育つ。

東京に上京後、表現したい気持ちを持ったまま、何がやりたいのかわからず悶々とした日々。

ある時母が病気になり、北海道に帰省。たまたま入った美術館で素敵な映像作品に出会い『自分はこれがやりたかったんだ』と感激の涙を流す。

術後の病み上がりの母をアシスタントに、ビデオカメラで今まで歩いてきた道のりを辿り、未来に向かうために過去と向き合う自分史ドキュメンタリー映画を制作する。

 

■ 対 象:

ドキュメンタリー映画制作に興味ある方なら誰でも。

■ 定 員:

8名程度

■ 受講料:

7,800円(ノートPCをカルフで用意)

5,800円(ノートPCをご自分で用意)

●お支払い:事前お振込み

会場での混乱を避けるために、事前のお振込みをお願いしております。

受講前のお振込みが難しい場合は備考欄にお書きください。

お申し込み完了後、お申込み確認メールにてお振込先をお知らせいたします。

*万が一開催されなかった場合は、責任もって全額返金いたします。

 

■ 会 場:
代々木 * お申込みいただいた方に個別にご連絡します。

■お申込みはこちら

すべてこちらのメールアドレスまで info@karufu.net