講師陣の紹介

オリカワシュウイチ

映画制作体験プロデューサー・絵コンテコーチ・カルフのように主宰

profile120_80広島県の瀬戸内沿いの田舎町で育つ。1995年に20歳でおじいちゃんよりビデオカメラをもらい、知識ゼロ・仲間ゼロ・カメラ1台から映画制作を始め、2001年に「映画工房カルフのように」を立ち上げる。

その経験を活かし、小・中・高校生から社会人まで、これまで映画作りアドバイスした人数は900人以上。2008年「初心者のためのゼロから始める映画制作講座」などセミナー講師も務める。

映画の作り方情報を初心者向けに分かりやすく体系化したサイトは500ページを超え、特に「絵コンテの描き方」が有名。初めての人だけを対象とした映画制作ワークショップは2003年から10回を数える。2012年からは、日本各地での映画制作体験ワークショップも開始。大手映像専門学校での参考サイトでもあり、GATSBY学生CM大賞2008の「映像制作に役立つリンク」に選ばれた。メディア掲載歴も豊富で、2009年にBSフジのワッチミー!TV×TVにて取りあげられる。NHKにて「撮影に役立つ絵の描き方セミナー」開催、スルガ銀行ほか法人での映画制作ワークショップも開催している。

独自の「初めて映画制作術」は、20以上の大学・高校の授業や研究室などで採用されている。有名私立中学・高校へのアドバイス経験も多く、作成した「映画の作り方」教材が、学習院大学図書館ほか、各地の高校・大学蔵書にもなっている。

監督作20作、プロデュース12作、その他助監督としてフィルム映画にも関わる。第23回東京ビデオフェスティバル入賞、第15回読売国際漫画大賞入選。小坂本町一丁目映画祭Vol.8 オープニングムービー。第一回JASRAC音楽文化賞受賞(映画「アオギリにたくして」制作委員会として)。企業オンラインCMを数十本請け負い、インタビュー映像も30本以上制作。『映画が作れるようになるメールマガジン』は300号を数え、毎週欠かさず続いている。

lecture_orikawa

好きな映画NO.1は『ロッキー』。2007年3月『ロッキー・ザ・ファイナル』宣伝で来日したシルベスター・スタローンに会い、夢の一つを達成。

仕事も家庭も趣味も両立し、「好きな時に気の合った仲間と作りたい作品を作る」日々を送る。
これまで21ヶ国を旅した旅人でもある。

著書に『事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック』(ペンコム)がある。

◎ブログ:インディ・ジョーンズみたいな映画人生を

(※以上、2016年11月現在)


名良之繭子(ならのまゆこ)

シナリオライター兼OL
石川県金沢市出身。

mayu_writer_profile小学生の頃から何故かシナリオに興味があり、近所の友達とシナリオを書いて遊ぶ。

初めて自分の作品を撮影したのは、小学校の総合の時間。
高校時代は土木、大学時代は地球惑星科学科で宇宙の神秘を学ぶも、
シナリオへの想いを断ち切れず、現在OLをしながら映画製作やワークショップの講師を実施。

シナリオは日テレ学院で学ぶ。その後、日本テレビのプロデューサーの元でシナリオ修行を積み、現在に至る。
自分のシナリオを映像化するために、様々な方法を模索し、二足のわらじでもTVドラマ化、DVD化、劇場公開、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭への参加等を実現。

シナリオを映画化する方法、チャンスを逃さず、次に繋げる自分の売り込み方等をレクチャーします。
誰にでもチャンスはある!そのチャンスを掴めるか掴めないかだけ!

lecture_mayu

▽受賞歴
第14回シナリオS1グランプリ奨励賞受賞『雪の中を泳ぐ少女』

▽最近のお仕事
アクション映画の脚本執筆。夏頃公開予定。
その他、映画の企画を執筆中。


Katsumi Nakane

映像ディレクター
株式会社Nakane Production 代表取締役

katsumi_nakaneシステムエンジニアとしてアメリカで勤務中、インターネットで劇場映画のスタッフ募集広告をたまたま見つけ、応募したらたまたま合格。
34歳で会社員を辞め、映画界デビュー。

その後、劇場映画の助監督や制作進行などを数本経験し、フリーで撮影、編集などの仕事を始める。

2007年に株式会社Nakane Productionを設立。
以来イメージビデオ、プロモーションビデオ、記録映像など、制作に関わった作品は250本を超え、監督したショートムービーは46作(2012/9現在)。

脚本、監督、撮影、録音、美術、編集まで一通りこなす。
趣味は映画観賞、音楽鑑賞、飲み、秘湯巡り、レトロなもの。

lecture_nakane


ぽんた。

音楽屋
たきの歯科院長
日本大学兼任講師

ponta物心ついた頃、伯父に貰ったレコードプレーヤーを毎日かけるのが楽しくて、音楽に自然と興味を抱くようになる。

幼稚園でエレクトーン、ピアノ、作曲を始める。小学校の時にTM NETWORKに憧れてシンセサイザーを始め、バンド活動を開始。
祖母や両親の影響で高校からバイオリンとコーラスも始める。

大学在学中、主宰のオリカワ氏と出会い、自主映画の音楽に参加。
以来12年、アクションからラブストーリー、破裂音からジングルまで、幅広いジャンルの映像音楽・音源を作り続けている。

音楽をどうすればいいか分からない監督さんと、作った音楽を使ってほしいミュージシャンと、両者のマッチングができるようになりたいと思っている。

lecture_ponta


安田益康(やっさん)

映像制作屋

yassan小学生の頃からホラー映画とジャッキーチェンにハマり、映画を見まくる。
あくまで趣味の域だった映画の作り手になりたいと思い、96年に上京。映画監督を夢見て日活芸術学院に入学。演出は個人のセンスだと自己判断し、主に撮影・照明技術を学ぶ。

卒業後、フリーの照明助手として映像業界に入り、映画やVシネマなどに参加。
2009年、【総合映像制作屋 ⅦTails】を立ち上げ、初監督作品の【Hot Chocolate】を制作。

現在は都内の映像制作会社に所属し、日々映像制作に従事。

lecture_yasuda


 

karufu-logo260
http://karufu.net/

映画工房カルフのようには、2001年から活動を続ける映画制作団体。
作品ごとにメンバー(社会人が多い)を集めるスタイルで、映画制作を楽しんでいます。
活動のモットーは、映画を、つくって楽しむ!


point4_72メディア掲載歴(2009.10現在)

デイリーポータルZ 2005年11月@niftyのデイリーポータルZに掲載されました
デイリー・フコク・ニュース 2006年8月フコク生命の[デイリー・フコク・ニュース!]オススメクリック
おすすめ特集 2006年8月Yahoo! JAPANの「今週のオススメ」8月14日号
gatsby 2008年7月GATSBY学生CM大賞2008の「映像制作に役立つリンク集」
映像新聞 2008年7月映像新聞に掲載(映像新聞 2008年7月28日号)
カルフのように 2009年8月BSフジのワッチミー!TV×TVにて紹介されました!