監督したい人のための シナリオワークショップ


募集開始しました!

シナリオの書き方だけでなく、どうやって撮影準備をするかまで学べます

 

概要

 
【東京】2018年10月14日(日)+21日(日)
【時間】10:30~16:00
【場所】東京都内
【定員】8名
【料金】19,800円(税込)
 

こんな方が対象です

 

◎ シナリオを書きたいのに、いまいち動き出せず悶々としている人

◎ いつか映画を作りたいと思いつつ、きっかけがなく止まってしまってる人

※まったくシナリオを書いたことがない方でもご参加できます!

 

こんなワークショップです

 
ただ物語を追いかけるだけではなく、
シナリオライターを目指すのではなく、
実際に撮影することを想定したシナリオの書き方講座です。


 

講師は、シナリオライターと監督の二人。

アイデアを生み出す側と、
それを自分なりに演出する側。

この双方からのリアルな体験談を聞くことができます。

経験豊富な講師だからこそ、
単なる理想論ではない現実的な内容をお伝えします。

 

この講座を受講すれば・・・

 
実際に撮影・制作することを主眼に、

  • そのためのアイデアの出し方
  • そのためのシナリオの書き方
  • そのためのシナリオの推敲法

が学べます。
 

2日間、考えたり話したりする時間をたっぷり設けています。

 

2日間の流れ

 

<1日目>シナリオの書き方とアイデアの出し方を学ぶ

  • 講義:短篇映画のアイデアの出し方
  • 講義:シナリオの書き方
  • ワーク:課題発表・アイデアまとめ

<2日目>書いたシナリオを撮影のために分析する

  • ワーク:書いたシナリオを読んでみる
  • 講義:シナリオを撮影したらどうなるか実例集
  • 講義:シナリオを元にした撮影準備法
  • ワーク:自分のシナリオを分析する

※プログラム内容は若干変更になる可能性があります。

 

講師からのメッセージ

 

シナリオを書くことは映画づくりのゴールではありません。

 

面白いシナリオを書くことは大事ですが、
書いてから映画づくりが始まるのです。

このワークショップは、
撮影することを想定したシナリオの書き方に特化しています。
 

ただ書くだけじゃない。

監督をやりたい人のためのシナリオワークショップです。

 

講師のご紹介

 

シナリオライター さわ
脚本や戯曲を書いています。
シナリオ学校に通っていた頃、皆が同じようにテレビドラマのライターを目指すことに疑問を感じて、ブログやSNSでの発信を始めました。

現在は監督さんと一緒に丁寧な作品づくりをしたり、ワークショップ用の脚本を書いたり、劇団や学生演劇用に戯曲を書いたりしています。

物語を想像することが好きで、人を描くことも、構成をあれこれ考えるのも、人と一緒に何かをするのも好きなので、脚本づくりはとても楽しいです。
脚本を通じてたくさんの人と作品を作っていきたいと思っています。

講師のブログ

 

“映画制作体験プロデューサー/絵コンテコーチ”
オリカワシュウイチ
広島県の瀬戸内沿いの田舎町で育つ。1995年に知識ゼロ・仲間ゼロ・カメラ1台から映画制作を始め、2001年に「映画工房カルフのように」を立ち上げる。

シナリオの書き方の本を買って1日で貪るように読み、3日間で最初のシナリオを書き上げる。監督作は20本。シナリオライターとの付き合いも多く、シナリオの依頼経験も豊富。

シナリオを書くために推敲はかかせないが、撮影準備のための推敲も必須だと考えている。撮影しやすいシナリオ、お金のかかるシナリオ、準備に時間がかかるシナリオなど、読むとすぐに分析ができる。

このシナリオワークショップでは、こういったノウハウを共有する。

もっと詳細プロフィールを見る

 

開催詳細

 

対 象
シナリオを書いてみたい人。
書いたシナリオを自分で監督してみたい人。
*映画の経験は一切問いません
*ひとのシナリオを批判したい人は向いていません

定 員

8名

受講料

19,800円(税込)

●お支払い:事前お振込み

会場での混乱を避けるために、事前のお振込みをお願いしております。
受講前のお振込みが難しい場合は備考欄にお書きください。
お申し込み完了後、お申込み確認メールにてお振込先をお知らせいたします。
*万が一開催されなかった場合は、責任もって全額返金いたします。

日 付
2018年10月14日(日)+21日(日)
2日間
会 場
東京都内の会議室(お申込み後に詳細をお送りします)

 

 

お問い合わせ

 
お問い合わせはこちらから